2012/10/24

未来の為に その1

未来を夢見る僕ら・・・

種さえまけばスクスク育ち
ビックリするほど美味しくて
採っても採ってもまだ採れる

素晴らしい未来
ウチの畑がそんな土になることを夢みています

しかし夢みるだけじゃ叶わないのです
いつまでも夢みる少女じゃいられないのです
自ら土を作るのです!

というわけで土作りです
今までは畑に生える草を軽くすき込むだけでしたが
そんなやり方ではドリーム土になるには何年かかるか分かりません
野菜作りを教えておられる先生も言っていました

「沢山沢山有機物を、堆肥を畑に入れて土に革命をおこさせるんです」
ふむふむ、すいませんどれくらいの量を投入するんでしょうか?

「畑一枚につき数t入れて下さい」
ふむふむ・・・・t(トン)!!!!???



田舎では畜糞堆肥は畜産農家まで取りにいけば極めて安価で手に入ります
なので普通の農家さんなら数tというのは難しくないんです
しかし僕らがやっている農法では畜糞は畑に入れちゃダメなのです

じゃあどうするか
知り合いの農家さんは近所の造園業者さんにお願いして
草刈ででる大量の草を空いている畑の一角に置いていってもらうのだそうです
それを野積みして堆肥を作って畑全面に大量に施すんだそうです・・・・う・・羨ましい

しかしそんなコネもなければ場所もない僕らはどうするか?

答え:ちまちま作る

すだれを作っている工房からもらった竹の削りカスを枠の中に積んで草を積んで米ヌカをまいて
EM菌をジョウロで注ぐ・・・これを繰り返して踏み固めてフタをして待つ


数週間したら
枠だけ抜き取り、隣に置き、中身を移しかえる

微生物がおこす化学反応で手袋をしていても熱いです
なんだか栗ご飯を炊いているような良い香りがします

と思っていたら芋掘り体験帰りの小学生の集団に臭い臭いと言われて
少しへこみました



地層



完成!

これをあと2回繰り返すと春には堆肥が出来上がり!

こんな感じで冬の間にできるだけ沢山作って春に備えます
けどまぁ全面施肥は無理なので少しづつ良くしていこうかな(笑)











コメント

非公開コメント

そろそろ

もみ殻の季節ですね。

でも、今年は心が折れたので無理そうです。

(笑)

その精神力、素晴らしいです。

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

No title

今年はくん炭も大量に作るべく
モミガラをかき集めてますよ!
農閑期には枯葉も集めるぞ!