2015/11/05

自家製麦茶つくりました

つばた夫妻のドキュメントをたまたま見たときから、一年分の麦茶を自作したいという思いがありました。
無農薬自然栽培の自家製麦茶、ステキやん。

麦茶用の六条大麦の種を取り寄せたのが2013年。
秋に種を蒔いて、たまに麦踏みをしてやるだけでほったらかし。




でも翌年にはちゃんと麦の穂が。
麦は強い子なので無肥料でもちゃんと育ちます。
土壌をきれいにしてくれ、麦わらという有機物のオマケまでくれるいい子。




ちょっとしか蒔いていないので、穂だけ摘み取って収穫。




わっさー。




穂だけなので一つのフレコン袋に収まりました。




粒の列が6条あるから六条大麦なんだって。




ノギを取って実だけにする作業をしなければなりません。
まずは、厚手のゴム手袋をして、ひたすら揉む。揉む。揉む。
体中チクチクします。




こんな状態。
さて、ここからが問題。
ノギと実を分別しなければ。




唐箕などの機械を使うのも大げさなので、とりあえず手箕(オレンジ色の物体)であおって選り分けることに。
これ、コツがつかめると結構楽しいです。




最後に残ったゴミは、ドライヤーで吹き飛ばします。




で、ワシャワシャと洗います。
浮いた実は大胆に流しながら、何度も洗います。
なんかすごく量が減ったような・・・。




天日で乾かします。




さて、いよいよ焙煎です。
最初は土鍋でやってみたんですが、一時間炒ってもなかなかできず、ダメでした。
なので、中華鍋。しかも強火じゃあーーーー!




ひたすらかき混ぜながら40分。
穀物のいい香りが家中に充満します。




しっかり焦げたほうが、香ばしくて美味しいです。時間はかかりますが。
一度に焙煎できる量が限られているので、とても手間がかかった麦茶です。

大体1リットルあたり25gくらいをヤカンで煮出します。5分以上。




美味い!
麦茶って穀物なんだなー。
市販の砕いた麦茶は別物ですよね。
ホットも美味しい。これをホットで飲んだら、インスタントコーヒーが不味くて飲めません。


あー大変だった。
穀物は栽培はめっちゃ簡単だけど、収穫から口に入れるまでがめっちゃ手間かかります。
麦茶、去年の収穫をようやく今飲んでいる状態ですし・・・。
今年は麦作るのやめとく?という会話をしてたんですが、これ飲んだらまた作りたくなってきました。
そろそろ麦蒔きの季節だな・・・



のーにん

コメント

非公開コメント