2012/12/04

未来の為に その3

引き続き堆肥作り実施中

これまで素材としてエントリーしていたのは「竹パウダー」、「雑草」でした
もちろん素材としては十分で不満は無いのですが、僕の心の中であるものが頭をもたげました

それは人間をここまで進化させてきた原動力
それは卑しいものであり高貴なものでもある
それは僕が料理で失敗する主な原因

それは・・・「好奇心」

身近にあるけれど何故か使われていない、一般的でない素材で堆肥を作ってみたらどうだろう?
量はそんなに作れないけれどひょっとしたら凄く良い堆肥になるかもしれないぞ?
よ~し、やってみるか まずは・・・・「栗のイガ」でっ!

村の人たちが頑張って栗拾いした後のイガが山と捨ててあるのを利用しますよ

スコップでイガの山をすくい一輪車に積んで運んでフリーコンテナに入れて米ぬかをふりかける
これをしこたま繰り返してようやく満杯に

ふぅ
あとは雨の日にフタを開けて水分補給して2週間後に一回目の切り返しだな
しかしあれだなチクチクしたな
まぁけど発酵腐食したらトゲトゲも柔らかくなるよな
それにしても凄くチクチクしたな
痛かったけど楽しみだな
 
そして切り返しの日がきてフタを開けました

おぉ~菌糸がいっぱいだぁ~


さて切り返しするか!

・・・・あれ・・・・なんか・・・チクチク・・・するな・・・。


恐々近くで見てみると


全然変わってない!

水分と米ぬかの量が足りなかったかーーー!
仕方なくチクチクを我慢しながら切り返ししましたよ!
くぅ~痛かった! もう二度と栗のイガで堆肥なんかつくるもんかっ!!

あ、それで皆は栗のイガを捨ててるんだ・・・・納得。


「オマケ」

花堆肥 
メルヘンです。

コメント

非公開コメント